ペプシSAKURAと海外ドラマ「キリング」とマックダーナルズ

IMG_1172

限定フレーバーでおなじみ?のペプシ。
この春限定は「SAKURA」という事で桜味好きな私も一本買ってきたところです。


いろいろな味がでているペプシですが、
なかなか勇気がでず、ためしたのはバオバブと苺ミルク味だと言い張るペプシピンク(過去記事)だけ。
これで3つめとなりました。

hinamatsuri-1235341_640
桜餅や、桜餅系の味をさくらのお菓子やお茶、飲み物に求めてしまう私ではありますが、
ペプシという事でアメリカ人がイメージする系の桜フレーバーなのだろうと想像して飲んだところ。

それは美味しい桜漬けの汁を炭酸で割ったような飲み物でした。

まずくはないけれど、二度目はない。

そんな素敵なドリンクをいくつも出してくれるペプシってすごいなーと敬礼したくなりました。

海外ドラマキリング

Xファイルや、女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中や、コールドケースなどが好きな私がいまはまっているのが
キリングというアメリカのドラマ。
デンマークで作られた大人気のドラマ『THE KILLING/ザ・キリング』(原題:Forbrydelsen)のアメリカリメイク版なのですが、
刑事ものや犯罪ものって1話で事件が解決するのが定番で、長くても2話、3話ぐらいのひっぱりだと思うのですが、
このキリングはなんと1シーズンずっとその事件を追いかけでまだ解決せず、2シーズンまでひっぱるという今までにない衝撃があったドラマです。

ずっと1つの事件なので主人公と相棒、そしてその同僚などはもちろん、
被害者やその周りの人間一人一人を掘り下げているのでどの人にも思い込みが入ってしまう。
そんなところに全員かのように怪しさがプラスされていて、
犯人はこいつ?いやコイツ?と主人公と同じ目線で怪しみ、同じ目線、タイミングで気づくという
重く、心臓は高鳴り、はらはらするというどはまりしてしまったドラマです。
ようやく3シーズンを見終わり、ぐったり。でも次はどんな事件?とまだまだ引き込まれている最中。
このドラマの中では禁煙→でも心労や衝撃でまた喫煙。
という禁煙をしたことがあるものならわかる心理も沢山でてきますが、
とにかくドーナツとパサパサしたハンバーガーが良く出てくる、でてくる。というわけで
見終わってどうしてもハンバーガーが食べたいと『マクドナルド』へ夜中ひさびさに行ってきました。

年をとったせいかビッグマックがおおきい

IMG_1181

昔はビッグマックとポテトLのコーラのセットを食べても、まだまだ物足りないという感じだったのに、

今日はひさしびぶりのせいか、年をとったせいかビッグマッグがかなり大きく感じました。

パサパサ感はソースで消されてしまっているので、今日はこれではなくて普通のハンバーガーかチーズバーガーにすればよかったと後悔。

IMG_1177

あれ?だれかいる。

IMG_1179

と思ったらドナルドさん。

さすがアメリカ人、背中がおっきい。

マイケルジャクソンみたいなジャケットをきているんだなぁ。

なんだかローラーゲームとか強くて上手そう。

喧嘩したくないタイプだわ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です