吉野家 豚丼 十勝 甘いよ~

焼味 豚丼 十勝仕立て大盛りみそ汁、おしんこ付け
でございます。

コクと香ばしさ、しっかりなじんだタレのうまみが白いご飯によく合います。
とのこと。

肉が、野菜が十勝なわけでなく、十勝仕立て。
とは十勝の豚丼の味つけ風ということなのでしょうか。

これがとにかく私には甘かった・・・

十勝 豚丼と検索すると、
ひっかかったのは、[豚丼検索サイト]ブタドンコム
たにんとは思えないネーミング。
北海道の豚丼のデータベースなどがあるようです。

十勝発祥の代表的な郷土料理「豚丼」。
甘辛いタレであじつけした豚肉を炭火やフライパンで焼き上げる。
ということで吉野家さんの豚丼もこれにならった味になっているようですね。


この豚丼のお肉、写真に取ると、
厚みがある感じに映るという不思議なお肉。
目の前にすると、もっと薄い感じです。

そしてこちらが豚丼定食。定食ということでみそ汁がついてます。

定食にするとわかりますが、
たぶんこの潤いあるタレが丼だとご飯に全部かかっているようです。

とにかく甘地獄。(笑)

昔は甘辛い味付け大好きだったんだけれど、
最近は料理には砂糖は一切つかわず、みりんで照りをだすという薄味つけをしているので、
ちょっと私には甘かったです。
あと、この味付けでもっと厚切りで脂身のおおい豚肉のどんぶりなら・・・
はぁ~とため息がつくぐらい美味しくできると思います。

ひさしぶりに、吉野家のコールスローを堪能した!
そんな気分になりました。

あとお味噌汁が以前より妙に出汁が効いていてすごくおいしかった。
こんなにネギが沢山前から入っていたっけ?

ごちそうさまでした。

やっぱり吉野屋で好きなのは牛鍋丼。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です