ひさしぶりに半田屋でごはん

数ヶ月ぶりの半田屋。
半田屋とは、すでに並んでいるおかずをブッフェのように選び。
選んだおかずの金額を払う形式。
最後にご飯の大きさやお味噌汁などを注文します。
おかずはどれも100円から200円前後と一見安いようですが、
お腹がすいているときは、とりすぎてしまって
びっくりするような値段と、食べきれないおかずに圧倒されてしまう落とし穴があります。


私は野菜中心で、(茄子の揚げびたしと、菜の花炒め)

夫は肉食?(メンチ 春巻き)納豆をかき混ぜた箸が汚い写真ですいません・・・

これで二人で1000円しない金額。
味はそれなり。
でも数年前に始めて食べた時よりどんどん美味しくなっているような気がします。

いつもは味噌汁に刻みネギをどーんと入れてくれるのですが、
今日の味噌汁は玉ねぎの為、「ねぎいれていいですか?」とは聞かれず。
食べながらねぎいれてほしかったなぁとちょっと寂しさがこみあげてきました。

なぜ好きなのか?
それは味はともかく、食べている人達がみな幸せそうな顔をしているから。

おかずをびっくりするほど取って食べている少年二人とお母さん。

そして一人できている中高年の男性。

みんな笑顔なのです。
そんな笑顔になれる幸せな場所へ、
納豆ご飯を食べにいくのでありました。

あなたの街の食堂半田屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 夕食を埼玉の半田屋で食べたのでその後秩父までドライブ。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です