福井の 一夜干し 白カレイ 

yaki1

魚を日々食べる毎日なんて幸せなんだろう。
今日は、赤カレイ、に続いて白カレイです。
赤カレイは煮付けにしたので、こちらはそのままグリルで焼いてみました。

魚を焼く度に考えるのは、
七輪で炭火焼したいな、ということ。
なんとかがんばって早く田舎暮らしを実現したいものです。

白カレイは標準和名は「宗八カレイ」と呼ばれるそうで、
水揚げされたばかりの物は青臭さがあるけれど、新鮮なうちに加工処理し一夜干しにすると、臭みが独特の香ばしさに変化して美味しくなるそうです。

じっくりグリルで焼いている途中。
下処理をした部分の切れ目からだんだんジュワジュワと脂がでてきて。
とても美味しそうでうっとり見つめてしまいました。

yaki2

焼き上がりを食べると、その独特の旨味をたしかに感じます。
その味わいは皮の部分により感じたのですが、たしかに香ばしい。

カレイはあまり食べた事がない、と思っていたけれど、
この味。そういえば子どもの頃たべた焼きガレイの味だと思いだしました。

そのまま焼いた白カレイは、香ばしさが美味しい大人の味。

この一夜干し白カレイはe-clickのプレゼントキャンペーンで当選してモニターとしてお試しさせていただいている、福丸ごーじょーもんさんの一夜干し白カレイです。

福丸ごーじょーもんさんにはその他一夜干しは、カレイはベタガレイ、赤カレイ。
そしてスルメイカ、ハタハタなど。美味しいお魚がそろっています。

福丸ごーじょーもん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です