シャッターアイランド うわーすっきりしなくてモヤモヤする ネタバレ

  1. 「精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた—。」

  2. 「この島は、何かがおかしい。」

  3. 「全ての謎が解けるまで、この島を出ることはできない。」

シャッター アイランド wiki

気になる映画があると、契約しているHuluかアマゾンプライムにはだいたいあるので便利です。
という訳で、今回は大ドンデン返しがある映画という事でシャッター・アイランドを見てみました。


レンタルすると、見出してもつまらない映画でも最後までもったいないと、見ないといけない気がしてしまいますが、見放題だと途中でつまらないと、ネタバレなどを検索して、もう見ないでいいかなーと思ってしまったり。
今回もそれほど期待していなかったにも関わらず、最後まで一気にみてしまった、私的には面白い!と感じ引き込まれた映画でありました。

しかし・・・

最後がどうにも腑に落ちない。

精神病の犯罪者だけを収監する島へと船で渡る連邦保安官の2人。
主人公のテディ(レオナルド・ディカプリオ)と初対面にも関わらず、ボス!と呼ぶチャック(マーク・ラファロ)

島につくと物々しい雰囲気の中、車でその収容所へと連れて行かれます。

どうして連邦保安官の2人がその収容所へ行く事になったか?

その理由の1つは、①収容されている女性が行方不明になったから。

そしてもう一つの理由は、②テディの奥さんを焼き殺した放火魔が収監されているから。

保安官として島へ行く事ができる事になった理由は①

そしてテディはその理由の行方不明の女性の捜査をするという事でシャッターアイランドで個人としての焼き殺した放火魔を探すチャンスを得た・・・という事になります。

しかしすぐに行方不明であった女性はみつかる。という簡単な捜査の終了となるのですが。

トラウマが襲う

奥さんが放火によって死んでしまった事がトラウマ。

そしてナチスの『ダッハウ収容所』で無抵抗の兵を並べて端から銃で殺して行く大量虐殺の現場によるトラウマ。

そして『ダッハウ収容所』で母や子どもの凍りつく沢山の死体を見たことによるトラウマ。

捜査中にもそのトラウマによる悪夢、そして奥さんの幻想に取り憑かれているテディ。

悪事を暴け!

シャッターアイランドでは、精神を病んだ犯罪者へロボトミー手術や薬に寄る過激な治療をし、また普通の生活へ戻すという実験をおこなっている。

その治療を受け、殺人を犯してしまった犯人から話を聞いた事で、テディは奥さんを殺した放火魔を探す事はもちろん、その悪事を暴くという目的もあった訳だったのです。

都合の良い電気系統の故障

嵐によってシャッターアイランドの電気系統は故障し、病棟の鍵は全部開きっぱなしになるという事。

こうやって書いているとありえないシチュエイションばかりなのですが、

その開きっぱなし事で、凶悪犯が収監されている棟へと入ることができるようになります。

あれーやっぱり話はテディの妄想なのかしら!?

失踪した本物の女性を見つける

凶悪犯の棟で暴力をふるった事から話は転がるように変化していきます。

相棒であったはずのチャックが崖の下に落ちているのを見つけ、助けようと崖をおりていくと・・・

洞穴の中に、失踪したという女性の本物を見つけます。

その女性は元はここの医者だったこと。

そして現在は皆のでっち上げから、精神を病んだ事にされていること。

そしてこの島からは出られないので、日々場所を変えて逃亡していることを話します。

いくら自分が正常であると言っても、周りがおかしいと言えばなにを言ってもそれが精神を病んだ事にされてしまうこと。

そして古い灯台ではロボトミー手術が行われているとも。

そして結末?!

崖から落ちてしまったチャックにロボトミー手術が行われてしまう!と

助けに行くテディ。

灯台に付き、ドアをひとつひとつ開けていくも、どの部屋もなにもなくガラーンとしていて全く使われていない古い灯台。

テディだけでなく、見ている私もなんだか肩透かしをくらってしまう感じ。

その頂上には院長が。

そして助けに行ったチャックはスーツを着ていて、なんとテディの主治医であるとのこと。

(このシーンがなんだかムカついてしまった。)

捜査に来た、捜査をする。

というのは精神を病んでしまっているテディの為の壮大な作り話であった訳で、

捜査している間も、皆が芝居をしていたという。

なんの為にそんなことをしなければいけないのか私にはすごく不明。

結局最後はテディは灯台でロボトミー手術を受けに行く所で終わる・・・という。

私はテディが洗脳された、諦めたという感想

奥さんを殺した放火魔なんていなくて。

失踪した女性なんていうのもいなくて。

失踪した子供殺しはテディの奥さん、そして奥さんを殺したのはテディ。

という事で乱暴者で改善を期待できないという事でロボトミー手術になったテディ。

(本当はレディスという名前)

この事全てが洗脳で、実験台にされたと思ってしまう私は理解力がないのかな。

なんだかモヤモヤしてしまう映画でしたが引き込まれました。

アマゾンプライムなら年会費の3,900円(税込)で映画見放題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加